無料ブログはココログ

フレンドシップ事業

2014年4月30日 (水)

【フレンドシップ事業】今年度も始まりました。

4年間一貫した実習系授業の一番最初にあたる「課題探求実践セミナー(フレンドシップ事業)」〔学校教育教員養成課程〕、今年度も始まりました。1年生必修の通年の授業であり、子どもとのふれあい活動を通して「子ども理解」を深めます。

6月下旬から7月上旬の土日には「環境ボランティア活動」(今年度は浦戸小学校、旭小学校、一ツ橋小学校、長浜小学校、五台山小学校、介良小学校にて)、11月下旬(土)には「地域・学校ボランティア活動」(朝倉キャンパスにて)、12月中旬(水)には「シンポジウム」(朝倉キャンパスにて)を開催します。
各種のふれあい活動において、子どもたちを観察し、子どもたちとコミュニケーションをとって、子どもが形成している“意味世界”についての理解を深めていきます。
本事業は、教育委員会、青少年育成協議会、小学校等にご協力をいただきながら、進められていきます。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

2014年1月23日 (木)

【フレンドシップ事業】実施報告書の作成

環境ボランティア活動、地域・学校ボランティア活動、シンポジウムを終え、いま1年生は実施報告書の作成に取り組んでいます。実施報告書の作成作業、これ自体がまた省察活動となります。自らの課題をしっかりと認識し、次年度以降の学習・研究活動に活かしてほしいと思います。

2013年12月25日 (水)

《フレンドシップ事業》シンポジウムを開催しました。

12月18日(水)、今年度1年間の課題探求実践セミナー(フレンドシップ事業)の総まとめとなるシンポジウムを、共通教育棟212教室にて開催しました。環境ボランティア活動、地域・学校ボランティア活動のそれぞれに関して、どのようなプロセスで準備をし、当日にはどのような実践を行ない、そして活動を通してどのような気づきを得たのかについて、学生による発表が行なわれました。
このシンポジウムには、種々ご協力いただいた教育関係機関の方々にもご出席いただきました。高知市教育委員会、高知市青少年育成協議会、高知県教育委員会、小学校の皆さま方です。学生による発表を受けて、危機管理は非常に重要である、コミュニケーションとは相互作用である、子どもをまとめるとはどういうことか、見えにくい子どものサインに気付くための地道な努力の必要性、「見守る」の絶妙なバランス、分別の問題…等々さまざまな貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。
学生はこれから、実施報告書の3月発行に向けての各種作業に入ります。改めて今年度1年間をふり返り、自らにとってもそして後輩にとっても有意義な報告書を作成してほしいと思います。

2013年12月 9日 (月)

【フレンドシップ事業】シンポジウムを開催します!

来たる12月18日(水)14:30~(受付開始は14:00)、共通教育棟2号館212教室において、平成25年度課題探求実践セミナー(フレンドシップ事業)シンポジウムが開催されます。
このシンポジウムは、受講者である学校教育教員養成課程の1年生が、この1年間に実施してきた活動(環境ボランティア活動、地域・学校ボランティア活動)をふり返り、成果や課題を報告しようとするものです。
「教育は七転八起~challenge1年生~」という大テーマのもとで、さまざまな報告がなされる予定です。多くの方々のご参加をお待ちしております。

2013年11月19日 (火)

【フレンドシップ事業】地域・学校ボランティア活動

 11月17日(日)、学校教育教員養成課程1年生の必修授業である課題探求実践セミナー(フレンドシップ事業)において、「地域・学校ボランティア活動」を開催しました。
 本活動は、フレンドシップ事業においてのみならず、教育学部関係の各種行事のなかでも最大の規模になるかと思います。
 小学生児童309名、これに学生、大学教職員、青少年育成協議会、高知市教育委員会青少年課を合わせて総勢約500名の参加となりました。
 午前中は、コーナー企画です。シャボン玉、紙飛行機、ブーメラン、ダイヤ凧、折り紙、水鉄砲・けん玉、プラパン、ゴム跳び、バルーンアート、輪ゴムてっぽうの10企画。青少年育成協議会の方々にご提案いただいたこれらの遊び企画、学生たちが小学生児童にさまざまな説明等をしながら進めていきました。
 昼食はカレー。おいしかった(けど、今年もちょっと辛かった!?)。
 午後は北体育館での全体レクリエーションです。やはりこれだけの人数が集まると賑やか大騒ぎ。進化ジャンケン、猛獣狩り、ジグザグ競争、じゃんけん列車…。学生たちは何度も事前のリハーサルを繰り返していました。その成果を本番では出せたのではないかと思います。参加してくれた小学生ん皆さんには存分に楽しんでいただけたのではないでしょうか。
 終了後には北体育館で反省会を行ないました。青少年育成協議会の方々から数々の貴重なご意見をいただき、また学生自身からもたくさんの課題が提出されました。今後の諸活動に活かしていければと考えます。
 11月29日(金)には「地域・学校ボランティア活動」報告会、12月18日(水)には本授業の総括であるシンポジウムを開催する予定です。

2013年7月10日 (水)

【フレンドシップ事業】環境ボランティア活動が終了しました

フレンドシップ事業は、教育学部学校教育教員養成課程における「4年間一貫した実習系授業」の一つ(しかも最初のもの)であり、1年生全員が取り組む必修の授業です。子ども理解と子どもとのコミュニケーション能力の育成を目的とし、「全体オリエンテーション」、「環境ボランティア活動」、「地域・学校ボランティア活動」、「シンポジウム」、「実施報告書の発行」という内容で構成されています。もちろん、諸活動の前後には準備としての学習や作業、省察活動が含まれています。
6月の第5週及び7月の第1週の土日は、6つの小学校区にご協力いただいての環境ボランティア活動でした。学生が小学校に出向いて、児童とともに清掃活動とレクリエーション活動を行ないました。雨が降ったり、暑かったり、いくつか困難が生じたりと、厳しい側面もありましたが、何とか無事に終了することができました。ご協力いただきました皆様方、誠にありがとうございました。
7月19日(金)には環境ボランティア活動報告会が開催されます。当初の目的を念頭に、どのような省察がなされ、披露されるのか。楽しみです。

Urado_image4_3 Godaisan1dscf1131_2 Ootu1dscf1263_3

清掃活動の様子

Nagahama1dscf3162_3 Kera1dscf3216_3 Asahi1p1020268_2

レクリエーションの様子

2012年12月 6日 (木)

【フレンドシップ事業】地域・学校ボランティア活動『高知大学のお兄さんお姉さんと遊ぼうよ!』を実施しました!

教職を目指す教育学部の1年生たちが、教育委員会や地域の方々のご協力を得ながら、子どもたちとの直接的なふれあいを通して、求められるコミュニケーション力と実践的指導力を身につけていくことをねらいとする「課題探求実践セミナー(フレンドシップ事業)」。最大のイベントとなる地域・学校ボランティア活動『高知大学のお兄さんお姉さんと遊ぼうよ!』が、11月18日(日)に高知大学朝倉キャンパスで開催されました。これは高知市青少年育成協議会Aブロック(旭東・旭・行川・朝倉・朝倉第二・鴨田・神田・横内・鏡の各小学校区青少年育成協議会)との共同事業です。今年度は、7校区より総勢300名の小学生が参加してくれました!前日の雨とはうってかわって快晴に恵まれ、さまざまなモノづくり、ゲームを楽しみました!昼食のカレーも美味しかったね!11月28日(水)には地域・学校ボランティア活動報告会、12月19日(水)には総仕上げとなる課題探求実践セミナー(フレンドシップ事業)シンポジウムを開催します!
「121118.pdf」をダウンロード

2012年11月15日 (木)

高知大学のお兄さんお姉さんと遊ぼうよ!

フレンドシップ事業最大のイベントである地域・学校ボランティア活動「高知大学のお兄さんお姉さんと遊ぼうよ!」が、来たる11月18日(日)に、高知大学朝倉キャンパスにて開催されます。これは、高知市青少年育成協議会Aブロック(旭東・旭・行川・朝倉・朝倉第二・鴨田・神田・横内・鏡の各小学校区青少年育成協議会)との共同事業です。今年度は、7校区より総勢300名の小学生が参加してくれます。10日(土)には、青少協の方々と一緒にリハーサルを行ないました。参加してくれる小学生のみなさん、当日をお楽しみに!
「20121110.pdf」をダウンロード 20121118    

2012年9月21日 (金)

【フレンドシップ事業】 環境ボランティア活動が終了しました。

課題探求実践セミナー(フレンドシップ事業)における最初の実践的取り組みは、環境ボランティア活動です。6月30日(土)は行川小学校と一ツ橋小学校、7月1日(日)は長浜小学校、7月7日(土)は浦戸小学校、そして、7月8日(日)は旭小学校と神田小学校の児童たちとともに、清掃活動(小学校周辺のゴミ拾いや草引き)を行いました。
ゴミ拾いの場所は車道を含むものでしたから、児童の安全確保には細心の注意を払いました。事故等もなく、無事に清掃活動を終えることができました。
清掃活動の後は、学生企画のレクリエーションです。じゃんけん列車や環境○×クイズなど、数多くの企画を児童も学生も一緒に力いっぱい楽しみました。
参加してくれた児童の皆さんをはじめ、ご協力頂きました各校の先生方、青少協の方々、保護者の皆様方に御礼申し上げます。ありがとうございました。
来たる11月には、最大のイベント「地域・学校ボランティア活動」が行われます。これは青少協Aブロックの方々との共同事業です。今度は、児童たちを高知大学に招いてのレクリエーション活動です。児童たちが存分に楽しめるよう、学生たちは、これからさまざまに準備を進めていきます。

W1_namegawadscf0475_4 W2_uradodscf1056_4 W3_nagahamap1010363 

清掃活動の様子

W4_kodacimg5841 W5_asahidscf0626 W6_hitotsubashidscf2512

レクリエーションの様子

2012年5月 9日 (水)

【フレンドシップ事業】基礎講座はじまる!

 フレンドシップ事業は、教育学部における4年間の“実習系授業”の最初にあたります(コチラをご覧ください)。
 本
事業では、教職を目指す学生が、“実践的指導力”を身につけるために、教育委員会や地域の方々の協力を得ながら、子どもたちとふれあう活動を行います。地域の方々や子どもたちと実際にふれあって、子どもと地域への理解を深めていきます。環境ボランティア活動(学生が小学校を訪問して、児童とともに地域と環境について考える)、地域・学校ボランティア活動(青少年育成協議会と共同して児童を対象とした企画を運営・実施する)、シンポジウム(地域の方々と活動内容をふり返る)などが主たるプログラムです。
 これに先立ち、2回の全体オリエンテーション(4/184/25)を実施し、5月からは「基礎講座」が始まりました。この講座では、本事業を充実させるための基礎的な知識・技術を学びます。「子どもと遊ぶ」(5/9)、「敬語を使おう」(5/16)、「環境問題を学ぶ」(5/23)、「救急処置法」(5/30)、「発達障害のある子どもへの対応」(5/30)の全5講座です

 基礎講座をふまえて準備を行い、環境ボランティア活動(6・7月)と地域・学校ボランティア活動(11月)に臨むことになります。

Kisokoza_3 
Kisokoza2_3              基礎講座「子どもと遊ぶ」の様子