無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月

2014年1月23日 (木)

【教員養成実践講座第2弾】教育の現場と大学での学び

1月22日(水)13:10から21番教室にて、実践センター主催の教員養成実践講座第2弾の最終回(第4回)が開催されました。
テーマは「教育の現場と大学での学び」です。講師は実践センター教員の西村先生、鹿嶋先生、田邊先生のお三方でした。長年教育現場の一線でご活躍され、その後ここ高知大学教育学部で教鞭をとっておられる先生方です。
具体的なお話の中身は次の2つでした。

①教員とは何か。教員に求められる事柄とは何か。
②大学での学びにはどのような意義があるのか。

①については、現場経験に基づく知見が盛りだくさんでした。受講学生になかには採用選考試験を突破して次年度から教育現場に従事する方もおり、大いに刺激を受けたことと思います。教育の本質、子どもの目線に立つということの真意、教員としての軸、ウソは厳禁、やってみることの重要性、受容と許可の違い、実感・納得に基づく自己開示、「子どもたちが」問う、疑問をもつこと(貝原益軒)、学び続けること…。

②については、自らの実践の相対的位置づけを知ること、学び方を学ぶこと、などなどさまざまな知見が提示されました。理論って何だろう? 改めて考えさせられました。

相対性理論を幼児に説明する、というお話も興味深いものでした。脱常識の社会学となんだか似ているのかな…とも感じました。

【フレンドシップ事業】実施報告書の作成

環境ボランティア活動、地域・学校ボランティア活動、シンポジウムを終え、いま1年生は実施報告書の作成に取り組んでいます。実施報告書の作成作業、これ自体がまた省察活動となります。自らの課題をしっかりと認識し、次年度以降の学習・研究活動に活かしてほしいと思います。

2014年1月14日 (火)

【雑誌紹介】12-1月号が届きました。

当センターでは、以下の雑誌を定期購読しています。

閲覧、貸出可能ですので、ぜひご活用ください(*貸出開始時期については、センター事務室にてご確認ください)。

◎教員養成セミナー1月号:いじめ問題について考える

◎総合教育技術12月号:問われる「全国学力調査」結果の活用力!

◎授業力&学級統率力12月号 :教室内がカースト化-どうする戦略54

◎教職研修12月号:教師の意識を変える小中連携の進め方

◎道徳教育12月号:創意工夫の指導案が授業を変える

◎初等教育資料12月号:体験的な学習の充実

◎視聴覚教育11月号:博物館の教育活動とメディアの活用



« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »