無料ブログはココログ

« 【支援実習・別府小PJ】学習発表会補助を行いました | トップページ | 【フレンドシップ事業】シンポジウムを開催します! »

2013年11月19日 (火)

【フレンドシップ事業】地域・学校ボランティア活動

 11月17日(日)、学校教育教員養成課程1年生の必修授業である課題探求実践セミナー(フレンドシップ事業)において、「地域・学校ボランティア活動」を開催しました。
 本活動は、フレンドシップ事業においてのみならず、教育学部関係の各種行事のなかでも最大の規模になるかと思います。
 小学生児童309名、これに学生、大学教職員、青少年育成協議会、高知市教育委員会青少年課を合わせて総勢約500名の参加となりました。
 午前中は、コーナー企画です。シャボン玉、紙飛行機、ブーメラン、ダイヤ凧、折り紙、水鉄砲・けん玉、プラパン、ゴム跳び、バルーンアート、輪ゴムてっぽうの10企画。青少年育成協議会の方々にご提案いただいたこれらの遊び企画、学生たちが小学生児童にさまざまな説明等をしながら進めていきました。
 昼食はカレー。おいしかった(けど、今年もちょっと辛かった!?)。
 午後は北体育館での全体レクリエーションです。やはりこれだけの人数が集まると賑やか大騒ぎ。進化ジャンケン、猛獣狩り、ジグザグ競争、じゃんけん列車…。学生たちは何度も事前のリハーサルを繰り返していました。その成果を本番では出せたのではないかと思います。参加してくれた小学生ん皆さんには存分に楽しんでいただけたのではないでしょうか。
 終了後には北体育館で反省会を行ないました。青少年育成協議会の方々から数々の貴重なご意見をいただき、また学生自身からもたくさんの課題が提出されました。今後の諸活動に活かしていければと考えます。
 11月29日(金)には「地域・学校ボランティア活動」報告会、12月18日(水)には本授業の総括であるシンポジウムを開催する予定です。

« 【支援実習・別府小PJ】学習発表会補助を行いました | トップページ | 【フレンドシップ事業】シンポジウムを開催します! »

フレンドシップ事業」カテゴリの記事