無料ブログはココログ

« 【雑誌紹介】6-7月号が届きました | トップページ | 【支援実習】田野茶のよさを知ってもらおう! »

2013年7月12日 (金)

7月10日に第3回教員養成実践講座が行われました

7月10日に第3回教員養成実践講座が行われました。今回のテーマは、「保護者、地域をつなぐ学校情報の発信」です。
核家族化、少子化が進行する中、保護者や地域が学校に多様な願い等を求めてきます。一方、学校の実践活動は、保護者や地域には伝わり難く、学校がブラックボックス化しがちです。そこで学校(学級)が積極的に情報発信(学級通信、HP)することで学校の見える化を実現し、家庭や地域と協力して子どもの成長を見守っているいくつかの教育実践について検討しました。特に優れた情報発信は、学校生活のプロセスを具体的に伝えていて、イメージ化しやすいこと、学校や担任の思いを保護者や地域に理解してもらうため、双方向のやり取りができる構成になっていることなども確認しました。
今回は8名の学生でしたが、みな熱心に講座に参加していました。

次回の第4回教員養Img_00241_2成実践講座は、7月24日(水)午後1時10分から教育学部4号館43番教室で行われます。第4回は、現職の小学校、中学校の先生と子どもの学力や子どものココロ、子どもの食などについて語り合います。将来先生になった時のイメージが持てるかも知れません。

申し込みは教育実践総合センター事務室までお願いします。

« 【雑誌紹介】6-7月号が届きました | トップページ | 【支援実習】田野茶のよさを知ってもらおう! »

実践センター」カテゴリの記事