無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

第4回教員養成実践講座が7月24日(水)におこなわれました

第4回教員養成実践講座が7月24日(水)におこなわれました。今回は「現場の先生と子どもについて語り合おう」がテーマで、小中学校の現職の先生においで頂き、子どもについて語り合いました。
14名の学生から学習チューターや学習支援、ピアカウンセラーなどに参加して感じたことをもとに現職の先生方へ質問がありました。質問内容は大きく分けて三つ、一つは先生の土、日などの休みの過ごし方、二つ目は学力差がある時の子どもの指導について、最後に子どもたちとの接しImg_02211方についてでした。

休みの日について現職の先生が自分の体験をもとにユーモアを交えてお話してくれました。教師は、休みの日も学校の仕事を引きずっていて、大変だというイメージを学生は持ちがちですが、3人の先生がてきぱきと仕事をすませ、休みの日は家庭サービスをしている様子を話してくれて、教師生活の一端を知りことが出来たと思います。

学力差のある子どもの指導については、3人の先生から実際の指導をもとに話がありました。まず授業を組み立てる時、学力差のある学級のどのグループに焦点をあてて計画を立てるかを決め、授業して子どもたちの理解の進み具合から計画の変更もあるうること、補助教材も利用して理解度に合わせ、個別に学習をさせていること、また評価の視点を多く持って、出来たことや努力したことをほめる等、リアルに学校現場の授業について話してくれました。児童や生徒同士の教え合う授業もあるとの紹介もありました。これからも学力差のある子どもに学力を身につけさせるための指導方法のたゆまない実践研究が必要となります。

子どもたちとの接し方については、学生たちが一番関心のあることで、特に高学年の児童にどう話しかけたらいいのかなどについて、先生たちから具体的なアドバイスがありました。
日常生活の中で、服装や髪形などの変化にも先生が気にかけて声がけをしたり、異性の先生にも協力してもらい学校全体で子どもたちとの関係を良好に保つよう心掛けているそうです。子どもをどう見るかについては、子どもたちの友達関係や家庭環境を知りこと大切で、集団として見ていくことが重要であることも話されました。また、先生が子どもの関心を得るために、友だちのような関係になるのではなく、指導すべきところはきちんと指導するのが教師であるとの話もありました。

あっという間に90分が過ぎ、もう少し論議を深めたいところでした。最後に先生たちから「人を育てる仕事は素晴らしいです。ぜひ先生になってください」「先生になったら、受け身でいてはだめです。知りたいこと、教わりたいことは自分から積極的に聞く先生になったください」とのアドバイスもありました。

本山町立吉野小学校の大川純一先生、いの町立枝川小学校橋本和紀先生、そして土佐町立土佐町中学校坂本佳子先生の3人の現職の先生方、ご多用の折、学生へのご助言、ありがとうございました。

教員養成実践講座第一弾は今回で終わりました。引き続き第二弾が10月3日(水)から始まります。この日は、高知市立布師田小学校を訪問し、授業参観することになっています。授業を見る機会はめったにありません。たくさんの方の参加を待っています。

2013年7月14日 (日)

【支援実習】田野茶のよさを知ってもらおう!

7月12日(金)に田野中学生が栽培している「田野茶」の販売を促進するための
戦略についてプレゼンを行い、その後、田野茶のパッケージに貼るシールづくりを
行いました。これは、中学校が総合的な学習で取り組んでいることへの支援でした。

田野茶ができるまでの製造過程や田野茶の栄養、また世界のお茶についても
学習しました。販売方法については、お茶のパッケージやCMについて学習し、
企業の戦略についても学びました。そして、最後に田野茶のおいしい入れについて
60度、85度、90度とお湯の温度を変えたり、浸出時間を変えながら、田野茶を実際に
飲んでみました。

今後は、中学生が大学生との学習を踏まえてシールを完成させます。
それをテレビ会議システムを使って紹介してもらい、大学生からの評価をもらうことに
なっています。

どんなシールができているか楽しみです。

田野小学校PJの次回の活動は、9月の運動会になります。
1年間の行事支援の中で、が大学生が大きく成長できる機会です。明確な目標を
設定して、役割をしっかり把握して、参加してもらいたいです。

2013年7月12日 (金)

7月10日に第3回教員養成実践講座が行われました

7月10日に第3回教員養成実践講座が行われました。今回のテーマは、「保護者、地域をつなぐ学校情報の発信」です。
核家族化、少子化が進行する中、保護者や地域が学校に多様な願い等を求めてきます。一方、学校の実践活動は、保護者や地域には伝わり難く、学校がブラックボックス化しがちです。そこで学校(学級)が積極的に情報発信(学級通信、HP)することで学校の見える化を実現し、家庭や地域と協力して子どもの成長を見守っているいくつかの教育実践について検討しました。特に優れた情報発信は、学校生活のプロセスを具体的に伝えていて、イメージ化しやすいこと、学校や担任の思いを保護者や地域に理解してもらうため、双方向のやり取りができる構成になっていることなども確認しました。
今回は8名の学生でしたが、みな熱心に講座に参加していました。

次回の第4回教員養Img_00241_2成実践講座は、7月24日(水)午後1時10分から教育学部4号館43番教室で行われます。第4回は、現職の小学校、中学校の先生と子どもの学力や子どものココロ、子どもの食などについて語り合います。将来先生になった時のイメージが持てるかも知れません。

申し込みは教育実践総合センター事務室までお願いします。

2013年7月11日 (木)

【雑誌紹介】6-7月号が届きました

__当センターでは、以下の雑誌を定期購読しています。

閲覧、貸出可能ですので、ぜひご活用ください(*貸出開始時期については、センター事務室にてご確認ください)。

◎教員養成セミナー8月号:徹底解説!合格を決める一般

◎総合教育技術7月号:「学校週6日制」は本当に必要か

◎授業力&学級統率力7月号 :叱る技術

◎教職研修7月号:教師力と学校力がぐんと伸びる「校内研修」

◎道徳教育7月号:子どもの心の声を引き出す発問の極意

◎初等教育資料7月号:言語活動の充実を通した授業の改善②

◎視聴覚教育6月号:どちらでもだいじょうぶ-学校図書とタブレット端末の活用

◎視聴覚教育7月号:メディアの力-中国人留学生の日本語能力


2013年7月10日 (水)

【フレンドシップ事業】環境ボランティア活動が終了しました

フレンドシップ事業は、教育学部学校教育教員養成課程における「4年間一貫した実習系授業」の一つ(しかも最初のもの)であり、1年生全員が取り組む必修の授業です。子ども理解と子どもとのコミュニケーション能力の育成を目的とし、「全体オリエンテーション」、「環境ボランティア活動」、「地域・学校ボランティア活動」、「シンポジウム」、「実施報告書の発行」という内容で構成されています。もちろん、諸活動の前後には準備としての学習や作業、省察活動が含まれています。
6月の第5週及び7月の第1週の土日は、6つの小学校区にご協力いただいての環境ボランティア活動でした。学生が小学校に出向いて、児童とともに清掃活動とレクリエーション活動を行ないました。雨が降ったり、暑かったり、いくつか困難が生じたりと、厳しい側面もありましたが、何とか無事に終了することができました。ご協力いただきました皆様方、誠にありがとうございました。
7月19日(金)には環境ボランティア活動報告会が開催されます。当初の目的を念頭に、どのような省察がなされ、披露されるのか。楽しみです。

Urado_image4_3 Godaisan1dscf1131_2 Ootu1dscf1263_3

清掃活動の様子

Nagahama1dscf3162_3 Kera1dscf3216_3 Asahi1p1020268_2

レクリエーションの様子

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »