無料ブログはココログ

« 附属小学校でのICT関連の研修 | トップページ | 【フレンドシップ事業】環境ボランティア活動が終了しました »

2013年6月28日 (金)

6月26日、第2回教員養成実践講座が実施されました

6月26日(水)の午後、教育実践総合センターで第2回教員養成実践講座が実施されました。講座には8名の学生が参加しました。
今回は「学級づくりや授業づくりは最初が大切」というテーマで、学級担任として初めて子どもたちの前に立った時の担任のあり方について学習しました。学生が臨場感を持ちながら参加するために、学級崩壊の事例をグルーブ別に分かれ、なぜそうなったのかなどを検討しました。
学級担任になってから5月の連休が始まる前までに学級に一体感を持たせることが大切なこと、特に子どもたちには学習や生活をする上でのルールが必要であり、それを子どもに納得させて徹底するも重要Img_9854であることを確認しました。また、学級担任の基本な心構えとしてぶれない軸とどのようなこどもの気持ちにも対応できる柔らかさが必要であることや先生とこどもの関係は、一定の距離間を持ちながら子どもの心に寄り添う指導が大切であることなども学習しました。そして何よりも自分の実践を客観的にみる視点をいつも持つことが教師としての力量を高めていく基本的な資質であることも確かめました。

次回の実践講座は7月10日(水)午後1時10分から午後2時40までの予定で教育実践総合センター2階のスキル実習室で行われます。テーマは「保護者や地域をつなぐ情報発信」で具体的な事例をもとに学習します。希望者は実践センターまで申し込んでください。

« 附属小学校でのICT関連の研修 | トップページ | 【フレンドシップ事業】環境ボランティア活動が終了しました »

実践センター」カテゴリの記事