無料ブログはココログ

« 6月20日(水)の第3回教員養成基礎講座は複式授業を参観します。 | トップページ | 第3回教員養成基礎講座へ参加した学生の感想 »

2012年6月20日 (水)

高知市立行川小学校で複式授業を参観しました。

Namekawaa 第3回教員養成基礎講座は、高知市立行川小学校で複式授業を参観しました。参観者は18名でした。授業は、1、2年3名と3、4年12名の複式学級で行われ、算数と国語の授業でした。事前に複式学級特有の二つの学年を直接指導したり間接指導したりする先生の「わたり」や学習過程をずらして二学年の授業を行う「ずらし」等のことばを学んでの参観でしたので、学生はそれぞれ視点を持って授業参観ができて、行川小学校の先生から多くのことを学ぶことが出来たのではないかと思います。

授業参観のあと、行川小学校の校長先生から「複式学級には、課題も多いがそれを利点にした授業実践をしており、単級学級で学ぶよりも劣らぬこどもを育てている」との力強いお話もお聞きしました。行川小学校の校長先生をはじめ諸先生方、本日はありがとうございました。

第4回教員養成基礎講座は7月4日(水)に行われます。テーマは「保護者の願いにより添いながら進める学級経営」です。先生になれば、多様な保護者の願いを受けとめながら学級経営を進めていかなければなりません。親と手を取り合いながら子どもを育てていくにはどうしたらいいのか、みんなで考えてみましょう。申込みは、教育学部附属教育実践総合センターへお願いします。

« 6月20日(水)の第3回教員養成基礎講座は複式授業を参観します。 | トップページ | 第3回教員養成基礎講座へ参加した学生の感想 »

実践センター」カテゴリの記事