無料ブログはココログ

« 次の基礎講座は、6月6日(水)です!! | トップページ | 第2回教員養成基礎講座参加の学生の感想 »

2012年6月 7日 (木)

第2回教員養成基礎講座が実施されました。

2回目の教員養成基礎講座が6月6日午後、教育実践総合センターで行われました。今回の講座には16名の学生が参加しました。

まず学級経営をする担任のあり方について学習しました。経営の基本な心構えとしてぶれない軸とどのようなこどもの気持ちにも対応できる柔らかさが必要であることや先生とこどもの関係は、一定の距離間を持ちながら子どもの心に寄り添う指導が大切であること、そして何よりも自分の実践を客観的にみる視点をいつも持つことが教師としての力量を高めていく基本的な資質であることを確かめました。

また、学級を集団として指導していく場合、最初に「型」をつくる必要があり、そのためのルールづくりが大切であることも学習しました。そしてそのルールは、こどもにその意図が理解されてこそ有効に働くことが確認されました。

最後に6月20日、行川小学校に出かけて複式授業を参観する時の視点について学習しました。「わたり」など複式授業特有のことばや学習指導案などについて短い時間での学習でしたが、授業参観ではこれらのことを考慮に入れながら参観して下さい。

今回は1時間30分の講座でしたが、この講座をきっかけにして、さらに学校現場の実践について学習を深め、将来の自分に役立ててほしいと思います。

追伸 行川小学校での授業参観を希望する方は、教育実践総合センターまで申し込んでください。まだバスの座席に空きがあります。

Blogdscf2338_2 

« 次の基礎講座は、6月6日(水)です!! | トップページ | 第2回教員養成基礎講座参加の学生の感想 »

実践センター」カテゴリの記事