無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

電子黒板講習会を開催しました

本日10時30分から、実践センタースキル実習室にて、電子黒板講習会を開催しました(教育学部学務委員会と共催)。

講師は、パイオニアソリューソンズ株式会社の山本章二さんです。これまで何度も講習をご担当下さっています(ありがとうございます!)。

今回は、「書いて、消して、映して、拡大する」という電子黒板の基本操作のほか、遠隔で電子黒板を操作する無線型タブレットの使い方を学ぶことができました。

実際に操作を体験することもでき、電子黒板、無線型タブレットの便利さを実感することができました。ご参加下さった先生方、大学院生のみなさん、ありがとうございました。

Sp1000331_2   Sp1000341

2012年2月28日 (火)

ICT活用指導力向上研修プログラム  成果報告会を開催します

平成23年度高知大学教育学部・高知県教育委員会連携事業学力向上をめざす教員のICT活用指導力向上研修モデルプログラム」成果報告会を開催いたします。

 附属学校教員3名を含む、高知県教員10名がICTを活用した授業実践研究に取り組みました。電子黒板やデジタル教科書・デジタル教材を活用した授業教実践を通して、その効果を報告します。

 また、本プログラムのスーパーバイザーとしてご指導いただきました、放送大学・中川一史教授に研修のまとめとして、授業におけるICT活用についてご講演いただきます。

 日時 平成24年3月3日(土)13:00から16:00(受付12:30~)

 会場 高知大学教育学部附属教育実践総合センター スキル実習室

 詳細は、「20120303.doc」をダウンロード をご覧ください。

電子黒板やICTを活用した授業に興味のある先生方のご参加をお待ちしております。

 

2012年2月27日 (月)

【雑誌紹介】3-4月号が届きました

P1000497当センターでは、以下の雑誌を定期購読しています。

閲覧、貸出可能ですので、ぜひご活用ください(*貸出開始時期については、センター事務室にてご確認ください)。

◎教員養成セミナー4月号:地域との連携・組織としての指導

◎総合教育技術3月号 :「新年度の準備」成功のルール

◎授業力&学級統率力3月号 :心に残る別れの学級イベント100選

◎現代教育科学13月号 :『現代教育科学』が拓いた教育言論53年

◎教職研修3月号 :震災1年すべての学校で考えたいこと

◎道徳教育3月号:道徳授業が大転換するエピソード

◎視聴覚教育2月号:第15回視聴覚教育総合全国大会、第5回放送教育研究会東北大会合同大会(宮城大会)部会別研究会報告

2012年2月18日 (土)

日本教育工学協会「教育の情報化」実践セミナー2012に参加

本日、金沢星稜大学で開催された日本教育工学協会(JAET)「教育の情報化」セミナー2012に参加しました。13~17時まで行われたセミナーは、次のようなプログラムでした。

 ①基調講演「メディアを生かす確かな授業設計について」

 ②授業実践の報告(デジタル教科書、電子黒板、実物投影機を活用した実践)」

 ③パネルディスカッション「メディアを生かす授業をどのように具体化させるか」

 ④企業展示

これらに参加する中で、授業で活用可能なICT機器の進化・レパートリーを実感することができました(もちろん、その活用の方法についても)。

おそらく学校、地域によって教室環境が多様であるのはもちろんのこと、各学校が目指す学力・子どもの姿も様々であると思います。

そうした中で、どのような機器を、いかに活用するのか、それによってどのような効果を期待するのか。この点について、今後考えてみたいと思います。

実践センターでは、この年度末に、ICT活用に関連する研修会、報告会を予定しています。ぜひ、ご参加ください。

○2012年2月29日(水)10:30~12:00「電子黒板研修会」(学務委員会と共催)

○2012年3月 3日(土)13:00~16:00「学力向上をめざす教員のICT活用指導力向上研修モデルプログラム」成果報告会(平成23年度高知大学教育学部・高知県教育委員会連携事業)

*いずれも会場は、高知大学教育学部附属教育実践総合センター2階スキル実習室です。

2012年2月16日 (木)

電子黒板講習会を開催します

 教育学部学務委員会と共催で、電子黒板講習会を開催致します。

 教育学部には、51番教室と実践センタースキル実習室に電子黒板を設置しています。大学の授業でも、是非ご活用いただきたく、講習会を開催致します。

今回は、特に遠隔で電子黒板を操作する、無線型タブレットの紹介をさせていただきます。

日時  平成24年2月29日(水)10:30~12:00

場所  教育実践総合センター スキル実習室

詳細は、「kokubankoushuukai.pdf」をダウンロードをご覧ください。

先生方、学生の皆さんのご参加をお待ちしています。

第80会国立大学教育実践研究関連センター協議会への参加

本日、東京学芸大学で開催された第80回国立大学教育実践研究関連センター協議会に参加しました。

午前中の総会では、2011年度の事業報告、教育臨床部門、教育実践・教師教育部門、教育工学・情報教育部門それぞれからの部門報告等が行われました。

そこでは、教員養成における学生のICT活用指導力の向上にますます取り組んでいく必要性が示されました。学校現場にICTが普及しつつあるいま、教員養成においても「ICT活用指導力の高い教員」を育成する必要があると思います。

また、センター協議会HPのリニューアルについても報告されました。各大学の実践センターからの情報提供、情報共有が今後ますます充実していくことと思います。

午後は、東日本大震災被害への各センターの取り組みが報告されたほか、部門会議が開催されました。

教育実践・教師教育部門会議では、各大学が資料を持ち寄り、学部としてのディプロマポリシーやそれとカリキュラムマップや教職実践演習の評価との関連性等について情報共有し、今後の教員養成・現職教育のあり方について意見交換を行いました。

次回の総会は、9月14日(金)、長崎大学にて開催される予定です。

2012年2月 9日 (木)

日韓国際シンポジウムを開催しました

2月3日(金)に、日韓国際シンポジウム「実技教科における日韓の子どもの学びの経験とは何か」を開催しました。

日韓教科教育研究会(代表刈谷三郎)が主催で開催したシンポジウムで、日韓の研究者が10年の研究成果を報告しました。学生はじめ124名が参加しました。

日韓教科教育研究会主催、附属実践総合センター共催、国際地域連携センター・地域連携部門後援

Dscf0402 Dscf0412 Dscf0413

2012年2月 1日 (水)

【支援実習】ビデオ作品最終発表会

本日3-4限にかけて、支援実習・ビデオ作品最終発表会を開催しました。

田野小学校PJ、名野川小学校PJ合計6つのグループが、1年間の活動を記録した映像をもとに、20分間の作品を作成しました。

P1000307_2 P1000311_4

いずれのグループも、活動の紹介にとどまることなく、実習を通じて自分たちが感じたこと、考えたことを織り交ぜながら映像をまとめていました。

そればかりでなく、ユーモアたっぷりの演出を取り入れるなど、楽しんで観ることができる映像に仕上がっており、2時間ちょっとの発表会はあっという間に終わりをむかえました。

【支援実習】名野川小学校にてビデオ作品の発表

1月29日(日)は、名野川小学校の人権参観日でした。実習生は、人権講演会に参加するとともに、その会の最後に、1年間の活動をまとめたビデオ作品を発表させて頂きました。

直前に、色々とハプニング(?)に見舞われつつも、2グループとも20分間のビデオ作品の完成させることができました。

児童、教職員、保護者の方々とともに、笑いながら、そして懐かしさも感じながら、1年間の振り返りをすることができました。

実習としては、今日で最後でした。名野川小学校の児童のみなさん、教職員、地域の方々には本当にお世話になり、ありがとうございました。

3月には、出来る限り多くのメンバーで卒業式にお伺いしたいと思っています。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »